豊野地区自治会連合会のご紹介

 豊野地区は、中川と古利根川に囲まれ、真ん中を県道春日部松伏線が走り、東側には国道4号バイパスが横断し、環境センターが在る地域です。豊野地区自治会連合会は、昭和29年、春日部町、幸松村、豊春村、武里村、豊野村が合併して春日部市に成った時の豊野村地域の14自治会と加入世帯数は約5,500世帯で構成しています。
 組織は14名の自治会長が参加する理事会と、理事会で選出された連合会長と、6名の副会長、2名の監査の9名で役員会を構成、副会長の中から、事務局1名、会計2名を選任し、地域内で有識者の顧問1名を迎えています。
会議は、4月に各自治会の正副会長の出席の下で定期総会を開催、連合会の円滑で迅速な活動の為、事ある毎に役員会を開催し、連絡と報告、活動事業内容を審議し、その内容を理事会に諮り、所属している全自治会が共通の認識の下で、地域全体のコミュニティを進めています。
事業は、地域間の交流と情報交換、防犯活動、防災対策、環境美化、少年健全育成、社会福祉の向上、学童の安全確保を主体に体育祭、親子スポーツ・フェスティバル、合同防災訓練、古利根川一斉清掃、春のクリーンデーへの参加、地域内の小・中学校との定期的意見交換会とパトロールを実施。学童の登下校時の見守り活動、各種募金活動への協力、地域の人々への健康を考える集い、高齢者へのふれあい食事会を開催。また、地域の各分野で指導的に活躍している方々を招いて、新年には賀詞交歓会、秋には視察研修会を実施しています。
運営は、各自治会より拠出金を集め、自治会の活性化の助成と、豊野地区の体育振興会、社協豊野支部、消防第6分団、少年育成会、見守り活動協議会、地域防犯推進協議会、文化連盟、交通安全協会等へ助成金を出し、各団体の活動を支援しています。
現在、心豊かで明るく住み良い地域として、オアシス運動を水平展開し、地域で出来ることは地域でする、をモットーに安心安全なまちづくりを心掛けています。今後は、各自治会がより活発な活動ができるよう、互いに団結し協力を図り地域の発展に努めたいと考えています。
豊野地区自治会連合会(14自治会)

赤沼自治会 / 銚子口自治会 / 本田上自治会 / 本田中自治会 / 本田下自治会 / 藤塚新田自治会 / 三本木自治会
荻原地区自治会 / 藤ヶ丘自治会 / 野口自治会 / 新川島自治会 / 藤ヶ丘文化村自治会 / 六軒地区自治会
豊野町自治会
運営 : 春日部市自治会連合会事務局(春日部市市民参加推進課)
     048-736-1111(内線2875)
Copyright(C) 春日部市自治会連合会 All Rights Reserved.